0003.jpg財布にはマネークリップというものがありまして、日本ではあまり知られていないのですが、アメリカでは、たくさんの方が使用しています。

日本では、お礼をする際にありがとうございますという言葉だけですが、アメリカはチップを渡しますよね?

小銭1枚渡したりお札1枚渡すのが当たり前の国ですから、すぐにお金を取り出す事ができるマネークリップが人気です。

マネークリップを使用する人というのは、小銭を頻繁に使っていますので、主婦の方だとお買い物を頻繁にしますが、生活用品や食費に使うので、小銭だけでは確実に足りませんよね。

0002.jpgでもサラリーマンや外でお仕事をされている方だと、コンビニによってドリンクだけ購入したり、自動販売機でジュースを購入したりする程度ですから、そういった方にマネークリップはオススメです。

仕事の後に、飲みに行ったり、友達と食事に行くのが頻繁にある方だと、普通のお財布を持って行った方が良いのですが、仕事が終わったらすぐに自宅に帰る方は、マネークリップで良いです。


お札を数枚挟むにはちょうど良いため、ギャンブルをする人はいちいちギャンブル場でお財布をもって行かない方が多いです。

マネークリップにしておけば、ポケットもかさばらないし、落とす心配もありません。
パチンコをする人は、必要最低限しか身に着けないので、携帯とお財布程度で、10000円ずつ機械に入れるときに、なくなってから、また財布から10000円取り出すのは面倒くさいです。

筆者は仕事用でマネークリップ、プライベートで通常財布と使い分けているので、どちらも好きです。

05.jpgお財布をお札専用と小銭専用に使い分けている人がいますが、財布を二つも持つなんて面倒くさいイメージがありますよね?

お店などに行って買い物をした後、レジで会計を済ませると思いますが、金額を言われて、まずはお札の財布を取りだして、お札を置いてから小銭の財布をバッグの中から取り出して、小銭が足りない・・・。

また、バッグにしまってお札の財布を取りだしてという作業をしていると、時間もかかってしまいますしレジが混雑時だったら、後ろで待っている人にも迷惑がかかってしまいます。

06.jpgデメリットしか感じないように思えますが、メリットになる事もありますので紹介します。

お札と小銭を使い分けている人は金運を気にしている人がほとんどでして、お札と小銭を分ける事によって、金運アップになると占い師さんは言っています。

また、ちょっと家の近くのコンビニや自動販売機で購入する際に、わざわざお札や免許証などすべて入っているお財布って、ゴワゴワして持つのも面倒くさいのですが、小銭と使い分けていると、こういった時に便利なのです。

結論は、お財布を別々に持つと必要な時だけお札など全て入っている財布をもって必要ない時は持ち歩かない事をしていれば、財布は長持ちします。

また支払う時に100円単位のものであれば、いちいち大きな財布を出さなくて済むのでスムーズになりますから、便利だなと思った人は別々に持つ事をオススメしますし、バッグを身に付けたくない人は、オススメしません。

03.jpgお財布もそろそろ限界になってきて、買い替えたいなと思っているのであれば、いろいろな財布をまずは見る事です。

見開き型やラウンドファスナーや折り畳み式やボタン式などさまざまなお財布が販売されていますので、見て自分に合っていると思う物を選ぶようにしましょう。

自分で決める事ができない人は、お店の方に相談をしてアドバイスをもらった方が良いのですが、お店の人もお仕事なので、できるだけ高いお財布を勧めてくる所もあります。

だから、お店に行く前にインターネットで調べてみた方が、高い物を勧められても断る事ができますし、使い勝手が良い事が財布は重要なので、ポイントカードをやたら作っている人はカード入れがたくさんある財布にするべきですね。

04.jpg何でも飽き性な人は、お財布に関してもすぐに飽きて買い替えてしまうでしょうから、高い物にしてしまうともったいないで、あえて安い財布を購入しましょう。

お財布を小銭とお札と分けて使用する場合は、小銭もコンパクトなんだけど結構入るがま口系の物にして、お札は薄めのタイプの財布にしておくとバッグの中もスッキリします。


現在、使用しているお財布がお気に入りで変えたくないけど、ボロボロになってきたというのであれば、色違いを購入したり同じものをもう一度購入して1から使う方法もアリです。

お財布を選ぶのは自分自身なので、買ってから後悔しないためにも、いろんなお店に行って、見比べてから購入するようにしましょう。

00.jpgお財布を選ぶときに、本革とそうでないものだったら、どちらが良いか正直わかりませんよね?

使用されている革の種類からご紹介させていただきますと、クロコダイルや牛や馬、その他にもダチョウや蛇など様々な革を使用しています。

ただヘビやクロコダイルの場合は、特別な素材ですから希少性が高くなってしまいますので、お値段も高額になってしまいます。

自分の予算とまずは相談して、1万円以内の財布じゃないとコスト的にも困ってしまうというのであれば本革ではない財布にすれば良いですし、高くても長い間使用するというのであれば、長持ちする本川をオススメします。

001.jpg長期にわたって、お財布を持ちたい人はお値段も高くなってしまいますが、本革の財布を購入したほうが持ちは良いです。

安い偽物の革などを使用している財布ですと、長くても半年ぐらいでボロボロになっていきますので、1年未満にまたお財布の購入し直さないといけません。

本革の中でも一番オススメする革種類は、牛です。
なぜ牛が良いのか、牛というのは神聖な動物と言われていますから、お金を貯める財布に牛を使用しておけば、貯まりそうな予感がしますし、財布の色も黄色にすれば良いと言われていますので、組み合わせとしては、牛革の財布で黄色のものを購入すれば、もしかしたら貯金も貯まっていくかもしれません。

本革は最初に述べたように、金額が高いため汚したり落としたりする事が多い人はそうではない財布の方が良いかもしれません。

01.jpg

私の好きな長財布シンプルなラウンドファスナーです。
現在使用しているお財布は、見た目は黒の革っぽい生地を使ったものなのですが、ファスナーを開けると濃いピンク色になっていて、女性でも20代が好む財布です。

ラウンドファスナーでファスナーを開けると、真ん中の部分に小銭を入れる空間があり、両サイドにお札やカードを入れることができるようになっています。

小銭とお札のいれる場所が違うので、会計時にとてもスムーズに取り出す事ができれ便利です。

02.jpg

ラウンドファスナーを使用する前はボタン式の財布を使用していて、ボタンを開けるとカードをたくさん収納する事ができ、ボタンを閉めて、ファスナーが片側に付いているのですが、そこに小銭やお札を入れていました。

ボタン式なので、ずっと使い続けていると、だんだんボタンの部分がきちんと閉まらなくて、バッグの中で見開いた状態になってしまって、カードがバッグに散乱している事がありました。

だから、ボタン式財布や折り畳みでボタンもないようなものは、落としやすいので危険です。
ラウンドファスナーなら、落とす心配はまずないですし、見た目も良いですし、安い財布でも高く見えます。

私が使用している財布はブランド物ではないですし、1200円で購入したものですが、もう1年使用しています。

それでも、ボロボロになっていませんし、ファスナーの開け閉めが固いという事もないので、値段が安いイコール壊れやすいというのは間違っていますね。